• ホーム
  • 男性型脱毛症における生理活性脂質利用とウエルシア

男性型脱毛症における生理活性脂質利用とウエルシア

2020年06月01日

男性型脱毛症は遺伝子レベルにおける問題から生じているホルモンバランスの異常が影響していると考えられています。
思春期港に発病することが多く、特徴的な形で髪が薄くなったり脱毛してしまったりする症状が発症するため、遺伝的要因を持ってしまった男性はそれに男性型脱毛症に悩まされることになりがちです。
その需要の高さから治療のための研究が広く行われてきており、様々な治療へのアプローチが開発されてきました。
ホルモンの影響を受けることから男性ホルモンの関わる代謝系に作用する治療薬が開発されて使用されています。
そういった治療薬が功を奏する症例も多い一方で、治療薬を用いてもなかなか症状の改善が見られない場合も珍しくありません。
そのため、別のアプローチも多数研究がなされてきました。
サプリメントによる改善という考え方では生理活性脂質であるレシチンが注目されています。
レシチンはホスファチジルコリンと呼ばれる生理活性脂質を指していましたが、現在では生理活性脂質としてホスファチジルコリンを含む製品一般を指し示すようになってきています。
男性型脱毛症の治療薬と併用もできるとされていることから広く用いられるようになってきています。
一方、ウエルシアなどの薬局でも積極的に販売が行われているミノキシジルを含む製剤も男性型脱毛症の治療に用いられているものの1つです。
ウエルシアではレシチン製品も手に入れることができることができます。
また、処方箋受付をしているというのがウエルシアでは典型的であるため、ウエルシアに行くことによってホルモン系治療薬、レシチン、ミノキシジル製品といった男性型脱毛症の治療が期待できるものを一通り揃えてしまうことができるでしょう。

関連記事
急増するFAGA(女性男性型脱毛症)とは

女性が薄毛になる原因に、女性男性型脱毛症がありますが、これは女性版のAGAであり、FAGAというように呼ばれています。ただ、男性のように生え際や頭頂部から極端に薄くなるような症状の現れ方ではなく、びまん性の脱毛状態になります。つまり全体的にボリュームダウンが見られ、ハリコシのない髪の毛になってしまう

2020年01月08日
男性型脱毛症に効くツボとニキビの関係

男性型脱毛症は、DHTという物質が頭髪のヘアサイクルを乱すことが原因とされています。このDHTは、男性ホルモンであるテストステロンから転換されます。したがって男性ホルモンが多く、いわゆる男らしい人ほど、男性型脱毛症になるリスクは大きいと言えます。同じように、DHTが原因となる症状にはニキビがあります

2020年05月02日
バリカン使用後に対男性型脱毛症薬をスポイトで付ける

男性型脱毛症になってしまうと薄毛が気になり、髪の毛が長いとかえって髪型が決まらないことがあります。そんなときには髪の毛をバリカンで刈ってしまったほうがスッキリしますし、薬も塗りやすくなります。バリカンで自分で刈るのも良いのですが、お洒落にするにはバランスが大切ですし、手間もかかって面倒です。バリカン

2020年03月30日
男性型脱毛症で縮毛パーマしてる人はスピルリナ

縮毛パーマはヘアカラーと同じように化学物質を使います。数ヶ月で縮毛パーマの効果は消えてしまうので、さらに繰り返すことで髪の毛や頭皮にダメージを与え続けている恐れがあります。髪の毛のダメージはトリートメントで解決できますが、頭皮は一度刺激を受けると健康な状態になるのが簡単ではありません。美容院で行う場

2020年02月28日
エイジツエキスとミノキシジルで男性型脱毛症改善

男性型脱毛症に悩んでいる人は、エイジツエキスを配合したシャンプーを使うと良いです。エイジツエキスとは、野性のバラ科の植物であるノイバラから抽出したエキスです。クエルセチンやムルチフロリンAといったフラボノイド類やリコピン、ビタミンなどの成分を含んでいます。フラボノイド類は、活性酸素を除去する効果があ

2020年01月27日
男性型脱毛症用薬「プロペシア」について

現在、男性の中で額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていっていると感じている人が少なくありません。これは男性に多く見られる脱毛症状のAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものです。その治療法のひとつとして挙げられる方法が男性型脱毛症用薬「プロペシア」の服用です。AGA治療法で基本的に使用されるプロペシアには薄

2019年12月24日